ノジ子のこどもアンテナ

子どものこと家のこと好きなこと

MENU

染めQの使い方!年季の入ったお気に入りスニーカーリペアに初挑戦!靴の修繕セルフリフォーム

先日新しいスニーカーを買いましたが、前履いていたナイキの黒いスニーカーも足にとーっても馴染んでいるので捨てるのがなんだかもったいない・・・

私は幅広甲高の足なので、パンプスやミュールなんて絶対NG!

スニーカーですら足にぴったり合うものはかなり限られてしまうため、一度足に合うスニーカーを見つけると2年、3年履きます。

 

今記事では貧乏性の私が、染めQを使って愛用の古い靴をリペアしてみました。

簡単な使い方や、注意点など書いていくので参考になればうれしいです。

 

 

 染めQの使い方!年季の入ったお気に入りスニーカーをリペアしてみる

 

確かこの靴、1万円くらいで買って約2年履きました。

こちらのスニーカーです

f:id:yuyuyunozi:20180317213532j:image 

綺麗な真っ黒な靴だったはずなんですが・・・

スウェード部分が白っぽくなって貧乏臭い・・・

紐も使用感あってボロボロです。紐の一部はスリ切れそうです。

 

とりあえず全体的に汚い!!

 

ネットで調べると、スニーカーをリフォームだかリペアだか修繕だかしてる方たちがいたので、私も挑戦してみることにしました。

 

そもそも「リペア」とは何?意味を調べてみた

 リペアとは・・・「修理すること。」「修繕すること」の意味。

「手を加え改良すること。」「作り直すこと。」の意味であるリフォームとは似ているようで少し違いますね。

 

染めQとは?染めQの使い方【豊富なカラー展開が人気】

 

染めQシリーズについて

 ナノ単位の粒子が素材の表面に密着し、まるで染めたかのような仕上がりに。その密着力は、引っ張っても、ねじっても、割れたり剥がれたりすることはありません。
超速乾で作業性も抜群。革製品のカラーチェンジにも、古く色あせたものの補修にも最適です。

(公式サイトhttp://somayq.com/から 引用)

 

 

f:id:yuyuyunozi:20180318151253j:image

 

▲染めQはカラー展開も豊富なので、自分のアイテムに合ったカラーが見つかるかも。

 

 

リペアするための下準備①~洗う・乾かす~

 

リペア前に一度ザブザブお風呂で洗いました。

汚れがついている状態で染色すると、ムラやシミの原因になり綺麗に染まりません。

 

濡れた靴は、タオルでくるんでネットに入れて、脱水を軽めにかけます。

風通しの良い場所に陰干ししてしっかり乾燥させます。(2日間ほど置きました)

靴の中のクッション部分が取り外せないので、分厚く乾きにくいです。

 

靴によっては洗濯NGの靴もあります。

私の靴は年季が入っている普段履きのボロボロスニーカーでしたので、自己流でやっちゃってますが、

プレミア付きで何万円もする高級スニーカーはプロに綺麗にしてもらいましょう!!

自分でやって綺麗になる保証はありません!!

 

下準備②~道具の購入~

 

  • 一番小さいサイズの染め(ブラック)Q
  • お店で一番安かった300円の靴紐(スポーツ用品店にもあります)

 

 

靴ひもですが、お店に行くと長さが違うものがいくつか売っています。

買ったものの、いざ靴に通してみると長かったり、短すぎたりすると残念すぎるので、

リペアしたい靴の紐を抜いて、長さを測ってから新しい靴紐を購入することをおすすめします!

 

下準備③~マスキングテープで保護~

 

スプレーで染める前に、染めたいスウェード部分以外をすべてマステで覆います!!

パーツが細かいのでチミチミとマステを刻んでひたすら貼ります!!

私は家にあったダイソーのお花柄のマステを使いました。

染まり防止なんで、テープはなんでもいいかと思います。

靴の中も染まらないように新聞紙を詰めます。

 

これがかなり大変で細かい作業で、

「私なんでこんなことしてんだろ…」

「買い換えた方がよかったんじゃ…?」

とモヤモヤしながらやっていました。

こういう地味な作業が好きな方はおすすめですが・・・。

 

夢中になりすぎて写真撮り忘れた〜!

f:id:yuyuyunozi:20180827212757p:plain

▲この赤い部分にマステを貼りました。

今思うと、もうちょっと広範囲で染めてもよかったかな。

 

【リペアしてみた】いざ スプレーで染色!上手く染まるのか!?

シンナーの匂いがかなりきついですので、必ず風通しの良い場所でやりましょう

スプレーも変なところに飛ぶと染まってしまいなかなか取れないので、

新聞紙やビニールシートを広範囲で敷いておくとよいです

 

 

私は家の外に出て、新聞紙を敷いてやりました。

しかしその日は強風で、新聞紙がベラベラめくれて大変でした・・・。私のバカ。

 

 さっそく一回目のシューーーッ

 

5分放置・・・

 

うーん、1回ではいまいち染まりが悪いです。

 

またシューーー

 

5分放置

 

シューーー(風つよっ!)

 

薄付きのような気がして、結局3度塗りをしました

完全に臭いが取れるまでは外に出しておきましょう。

その日は強風だったので室内に入れたら結構くさかったです。ウゥッ・・・

 

ようやく完成!

 

 

最後に新しい紐を通して…

こちらが完成のお品です

 

 

じゃんっ!

 

f:id:yuyuyunozi:20180317213547j:image

どうですか?!

違い、わかりますか・・・?

え、わからない?

 

 

では並べましょう!

 

 

 

f:id:yuyuyunozi:20180317214435j:image

い、いい感じでしょう?!

 

 

やった後にわかりましたが、これはもう完全に自己満の世界ですねぇ・・・

この手の作業は初めてだったので色々もたついて、所要時間は1時間半ほどかかりました(笑)

 

ちなみに染めQは一番小さいサイズを購入しましたが、私はスエード部分だけだったので3度塗りしても若干余るくらいでした。

全体にしっかり何度も染めたい人は小さいサイズはギリギリか少し足りないかもしれません。

大きいサイズもいくつかあるようです

 

 

 

とりあえずこの靴もまだまだ履くぞ!

スニーカーリペア、やってみたい方は自己責任でお願いします!(笑)

それでは!

 

 

2018年5月18日追記【スウェードの染色について】

私は今回通常タイプの染めQを使いましたが、私のスニーカーはスウェード地だったため、ジーンズ染めQがおすすめのようです!!

スエードは吸い込みが多く色が出にくいため、発色の良い【ジーンズ染めQ】 を使用してください。スエードの場合、濃い色から明るい色へのカラーチェンジはお勧めできません。

※スプレーをする際に時々、柔らかいブラシ等で起毛部分をほぐすことで肌触りのごわつきを抑えることができます。

(公式サイトhttp://somayq.com/から 引用)

 

普通の染めQでも染色は可能でしたし、そのあと特に問題なく使っていますが、

スウェードの靴を染めたい場合はジーンズ染めQを使うことをおすすめします!

 

▼こんな記事も書いてます