ノジ子のこどもアンテナ

子どものこと家のこと好きなこと

MENU

【買ってよかった育児グッズ】可愛いおしゃれなキルトラグ&ジョイントマットで子どもと新築を守る!【メリットデメリット】

 

子どもが生まれてしばらくは以前から使っていたお気に入りの毛足の長いラグを使っていましたが、

我が家はベビーベッドを置いていなかったため、床にベビー布団を敷いて赤ちゃんを床に寝かせていました。

そうすると「毛足の長いラグって綺麗なのかな~、掃除機でホコリはちゃんと吸えているのかな~、赤ちゃんによくないのかな~」と気になってきました。

ラグを掃除機で吸う場合、ゆっくりゆっくり掃除機をかけないとダニは死なないと聞いたこともあります。

インテリア的には可愛いラグを敷いておきたいんだけど・・・という思いもありましたが、小さい子供は吐き戻しも多いため、さっと拭いたり丸洗いできる衛生的なものが一番良いですよね。

買ってまもないラグでしたが泣く泣く撤去して、代わりになる赤ちゃんにやさしいマットを探しました。

 今記事では、子供が実際に使ったキルトラグとジョイントマットのメリットデメリットや、おすすめ商品を紹介していきます。

参考になればうれしいです。

▼子供のおしゃれインテリアグッズ関連記事

 

【育児グッズ】キルトラグ&ジョイントマットで子どもと新築を守る!かわいくておしゃれなマットを紹介【メリットデメリット】

子供の成長に合わせて生後半年~2歳まで色々なマットを使ってきました。

それぞれのメリットデメリットも合わせ紹介していきます。

可愛いキルトラグの紹介

子供がお座りをし始めたころにキルトラグを購入しました。

キルトラグを購入した理由は、ジョイントマットに比べおしゃれだったことと、赤ちゃんがゴロゴロと寝転がるのに、布の上が良いと思ったからです。

購入したこちらのマットはインテリアにもしっくり合っていてなかなかお気に入りでした。

 

数年前からインスタグラムではイブルというキルティングマットも大人気です。

イブルも上のキルトマットの洗い替え用に購入しました。

イブルのキルティングの柄がとてもおしゃれで可愛いです。

イブルはプレイマットやお昼寝ケット、ラグ、ソファカバーなど多用途に家族みんなで使えます。
オールシーズン活躍できるさらっとした気持ちの良い素材です。

f:id:yuyuyunozi:20180626214959j:plain

▲実際に娘が使っていた時の写真(プレイマットとして使用)

 

キルティングラグのメリット

キルティングラグは大きさや厚みにもよりますが、簡単に洗うことができます。

吐き戻し、おしっこの漏れ、食べこぼしなどが多ければキルティングマットはおすすめです。

また布が汗を吸ってくれるので、赤ちゃんがその上で遊んでも心地よく過ごすことができます。

掃除をするときも、がばっとラグをめくってささっと掃除機をかけることが出来るので楽ちんです。

ジョイントマットに比べると、インテリアに生活感が出来くく、可愛い物が多いです。

オシャレ度は 毛足の長いラグ>キルトラグ>ジョイントマット こんな感じでしょうか。

キルティングラグのデメリット

キルティングラグが200×200くらいになると、家庭用洗濯機のサイズによっては洗うのが結構大変で重労働になります。ラグの厚みによっては乾きにくいです。

 

最初に購入したデニム調のキルトラグは厚みがありましたが、イブルは薄手生地のため、そのままフローリングに敷いて赤ちゃんが使うことはおすすめしません。

イブルの下に何かもう一枚マットを敷くか、ソファカバーとして使うと良いかもしれません。

イブルもキルトラグも、厚みではジョイントマットに劣ります。

また滑り止めがついていないと布がかなり滑るので、滑り止めのついているマットを購入するか、滑り止めのシートを敷くか(100均にもあります)、ラグの下にマットを敷くかして補強しておきましょう。

 

 

ジョイントマットの紹介【大判が単色がおすすめ】

 

結局キルトラグはイマイチ使い勝手が悪く感じたので、ジョイントマットを買うことに決めました。

しかしジョイトマットの最大のデメリットはその見た目!

正直あまりオシャレではないので抵抗はありましたが、子供の安全には代えられないということで思い切って購入を決意しました。

お店にはあまり売ってない大判サイズです。大判サイズは敷く時も掃除の時もとても楽なのでおすすめです。

一般的に売っている小さいサイズだと子どもが剥がしてしまったり、マットをめくっての掃除がかなり面倒です

f:id:yuyuyunozi:20180328084806j:image

▲カラーはベージュを買いましたが見方によってはちょっとピンクっぽいかな?

 

ジョイントマット購入の際におすすめすることはカラーは一色にするこということです!!

白と茶色の組み合わせのジョイントマットをよく見ますが、インテリアの中でジョイントマットが主張して浮いてしまうことと、ボロボロになってマットを一部変えたい場合、代わりの色がない・・・なんてことも。

また、カラーを単色にすることでジョイントマット独特のダサさと生活感が軽減されます(笑)

 

 

子どもがおもちゃを投げたりするので、新居の床を守るために我が家は12畳用のジョイントマットを購入しました。全部は使用していませんが、傷だらけになってきたマットはみすぼらしいので時々新品のマットと交換しています。

床に絶対傷をつけたくない!または子供の動きが激しすぎて危なっかしい!という方はフローリングが見えなくなるくらいマットを敷き詰めちゃうのも方法です。余分なところはカッターで切って調整できるのもジョイントマットの良さですね。

 

ジョイントマットのメリット

  • 滑らないし厚みがあるので安全
  • 拭き掃除とできるので清潔にできる
  • 床を広範囲で覆えば床に傷はつかない
  • 吐いたりうんちがついてしまっても取り外せば部分的に簡単に洗える
  • 大判サイズを買えばマットをめくっての掃除機かけも楽
  • 意外と冬もあたたかい
  • 傷だらけになったら剥がして処分できる

ジョイントマットの最大のデメリットはダサさ!?

  • ラグに比べると見た目が劣る。ちょっとダサイ。
  • 子どもによってはマットの端っこを剥がして口に入れる
  • ジョイントマットの裏に髪の毛などが付着しやすく掃除がしにくい
  • 表面の加工の仕方によっては滑りやすく薬品臭がある(私の買ったものは問題ありませんでした!)木目調のジョイントマットはおしゃれですが、木目のシートがプリントされている分、普通のマットより滑りやすいようです。

 

【ダサくない!】生活感を出さない可愛くおしゃれなジョイントマット♪

 世界中から愛される育児ブランド「スキップホップ」からおしゃれなジョイントマットが出ています!インテリアにもばっちり馴染みそうですね

 

 

 

最近よく見る木目のジョイントマットも優しい雰囲気で良いですね~。

私もかなり悩みましたが安い無地にしてしまいました笑

 

こちらは 星柄ですが目がちかちかしないグレーカラー!今流行りのモノトーンインテリアにもばっちり合いそうです。

ジョイントマットではありませんがとてもおしゃれ!一枚一枚取り外し可能なので汚れても安心ですね。

 

 

2歳に近づき娘のパワーが格段にUPにしてきたのでフローリングを守ってくれるジョイントマットはまだまだ活躍しそうなわが家です。

 

▼こども関連記事