ノジ子のこどもアンテナ

子どものこと家のこと好きなこと

MENU

【注文住宅体験談】ローコストだけどおしゃれな家づくり!費用削減したのはココ!【マイホーム節約コストダウン方法】

 

f:id:yuyuyunozi:20180707204822p:plain

 

家づくりの予算を少しでもコストダウンしようと思うと、自分のやりたいことを全て取り入れることは難しくなります。

私も注文住宅で家を建てることは昔からの夢だったので理想がありましたが、予算的に不可能でした。

前回の記事では注文住宅に3年住んで「後悔したことやってよかったこと」を書きましたが、今回の記事では 「注文住宅で実際にやった費用を削減した部分」について書いていきます。

どうぞお付き合いください。

 ▼前回の記事

 

【予算内に抑える】マイホームの一番こだわりたい部分は?オシャレにこだわり費用を抑える節約方法【コストダウン】

自分が最優先に取り入れたいポイントが何なのかを考えて、必要ない部分はどんどん削ってコストダウンしていきましょう。

ただし、 コストダウンできるのは「欲しいけど必要無い」 部分です。

本当に必要な箇所(機能や耐久性など)は予算を削ると後々後悔してしまい、最悪の場合手直しや追加工事をする羽目に・・・。

前回の記事で書きましたが、私は床材をグレードアップすべきだったと後悔しています。

>>住んで3年マイホーム作りで後悔!間取りやキッチンの失敗談【床の傷】 

私が注文住宅で実際に取り入れたコストダウンの方法を紹介します!

 

【ダサイ?】シンプル総二階にすれば建築費を大幅削減できる

最初の家づくりの打ち合わせで、建築士さんに「費用を大きくカットできる箇所はどこですか?」と尋ねたところ、総二階の建物の形を提案してもらいました。

総二階は1階と2階の床面積が同じでシンプルな見た目のお家のことです。

丁度私のイメージしていた外観が総二階だったので、提案の通り総二階にしました。

床面積によりますが、 我が家は30~40万円のコストダウンにつながりました!

 

「総二階」で検索をかけたところ「ダサイ」というワードが次に出てきて驚きましたが、一般的に総二階はデザイン的に「ダサイ」といういうイメージがあるようです。(T.T)

しかし、総二階だからオシャレな外観にはできない、ダサイなんてことは決してないと思います。

窓の形やドアのデザイン、外壁の色や素材、屋根の形や色など、いくらでもオシャレにすることは可能です。

総二階をダサくするもおしゃれにするも、自分のセンスと選ぶハウスメーカーや工務店の腕次第!

わが家は家の形は総二階でシンプルですが、道路側に大きな窓を一つつけてアクセントを出しました。

 

「HYVA AND STYLE」自然に、モダンに、生きる家。 住まいはもっと、心が弾むワクワクする空間であっていいと思う。H Y V Äはフィンランド語で「しあわせ」。生活上手な北欧スタイルをお手本に、インドアもアウトドアも自分らしくアクティブに愉しむための家。 ・ ・ #マイホーム #マイホーム記録 #ゼロキューブ #zerocube #HYVAANDSTYLE #ヒューバアンドスタイル #外壁サイディング #空間づくり #lifelabel #オシャレな空間 #家づくり #注文住宅 #暮らしを楽しむ #デザイン住宅 #ウッドバルコニー #スキップフロア #北欧スタイル #シンプルな暮らし #シンプルな外観 #お洒落な家 #新築 #永岡建設 #和歌山 #田辺市 #みなべ町

CEOさん(@nagaokakensetsu)がシェアした投稿 -

照明類は施主支給でおしゃれな物を自分で用意してコストダウン

前回の記事でも「施主支給」について少し書きました

>>住んで3年マイホーム作りで後悔!間取りやキッチンの失敗談

「施主支給」とは簡単に言えば、私たち(施主)が家づくりに必要なものを自分で購入して、現場へ持っていき支給することです。

メリットは自分の好きな物を取り付けられるので自由度が上がることと、商品によってはコストが抑えられるという点です。

物によっては工事費や取り付け費が別途かかるため、事前にハウスメーカーや工務店に問い合わせておきましょう。

私たちがお世話になった工務店は、施主支給はすべて無料サービスでやっていただきました。ハウスメーカーより割と融通が利くのも工務店の良さです。

 

施主支給でおすすめなのが「照明器具」です

工務店さんが持ってきてくれた照明資料はどれも好みの物がなく、しかも一つ一つがかなり高い!私は楽天ですべて購入し、照明だけで最初の見積もりより3万円以上のコストダウンができました。

今は通販サイトではオシャレなインテリアサイトがたくさんありますので、そこから自分好みの照明を選びましょう。

【照明を購入前に打ち合わせで確認を!】

  • 購入したい照明がその場所に取り付けられるのか要確認
  • 電球の数が部屋のサイズに対してどれだけ必要なのか要確認(わが家はそこで失敗しました。住んで3年マイホーム作りで後悔

▲わが家はこちらのペンダントライトをダイニング用に選びました。お手頃価格で可愛い!

 

▲大人気のルイスポールセンのペンダントライト。こちらは少し高くなりますが、北欧インテリアでは人気の照明ですね。

 

【脱衣所】建具減らしてコストダウン【ウォークインクローゼット】

建具って結構高いので、収納場所に扉をつけるかつけないかでも数万~十数万円変わってきます。

私はリビングや玄関やトイレなど、家族以外の人が入る場所の収納スペースには扉をつけ、2階のウォークインクローゼットや脱衣所には扉をつけず、棚だけをつけてもらいました。

扉がないことで特にこれと言った不便はありません。特に脱衣所は湿気がこもりやすいので、扉がなくて良かったと感じています。

 

今は100均やニトリでもオシャレでシンプルな収納ケースがたくさん売っているので、扉が無くても片付いて見えます。

 

 

窓を小さくor窓を減らしてコストダウン

工務店の担当建築士さんが最初に提案してくれた図面では、北側のトイレ、脱衣所、お風呂、どの部屋の窓もかなり大きいサイズでした。

しかしわが家の北側にはお隣さんのお家が結構ぎりぎりに建っていたので、「大きい窓がついていると窓の外の視線が気になる・・・」ということで家の北側は全て小さめの窓に変更してもらいました。

1階と2階の北側のまど合計7つを小さめに変更し5万以上のコストダウンに

 

【窓を小さくするメリット】

  • 数万円のコストダウン
  • 泥棒の出入りが不可能。防犯面で安心
  • 掃除が楽(網戸も取り外して洗いやすい!)

【窓を小さくするデメリット】

  • 陽の光が入りにくい。暗くなるので日中でも電気をつけることがある。

 

注文住宅も妥協は必要?他人が入らない箇所はこだわらない【キッチンや脱衣所や2階】

最初にも書きましたが、家づくりの予算を少しでもコストダウンするためには、自分のやりたいことを全て取り入れることは難しく、最優先に取り入れたいポイントが何処なのかを考えなければなりません。

「妥協」と言うと言い方が悪いですが、「それは本当に必要?」と思う箇所は今よりコストダウンできるかもしれません。

 

私が「本当はオシャレにしたかったけどコストを抑えた箇所」はキッチン、脱衣所、2階。

全て家族以外の人が入ることが少ない空間です。

  • システムキッチンの色は標準ランクの飽きのこないホワイト
  • 脱衣所は洗面化粧台は標準の物に
  • 脱衣所の収納は扉無し
  • 2階寝室の収納は扉無し
  • 2階カーテンレールは一番安い物を選ぶ
  • 脱衣所、トイレ、階段、二階は飽きの来ないシンプルで安い照明を選ぶ

脱衣所の手洗いシンクは造作で可愛いものを作ってもらいたかったんですが、やはり標準の物に比べてかなり高くなります。安い木材で作ってもらうこともできましたが、水でぬれる場所なので、劣化が怖くてやめておきました。

住んで3年経ちますが、特にこのあたりのコストを削ったことで「不便だ」「失敗だった」と思ったことはありません。

 

部屋の内装はシンプルに!壁紙や家具やカーテンでオシャレにこだわる

  • 壁にくぼみをつけて飾り棚をつけたい
  • 壁にオシャレな小窓をはめ込みたい
  • 壁につけるテレビ台を作って欲しい
  • 小上がりの畳のスペースが欲しい。その下に収納スペースも欲しい!
  • キッチンにオーダーの食器棚を作って欲しい

 ▲このようなオーダーメイドの造作家具や収納は金額が高くなる場合がほとんどなので、コストダウンを考える方にはおすすめしません。

 

どうしても作って欲しい!という部分は取り入れ、あとはシンプルな内装に。

インテリアは家具、カーテンなどでおしゃれに演出しちゃいましょう。

また壁紙をアクセントで1面のみ変えるだけでも部屋の雰囲気がガラッとおしゃれに変わります。

こちらのインテリア通販サイトもおすすめです

オーダーカーテン専門店「カーテン&カーテン」

【LIFULL インテリア】LIFULL HOME'Sがお届けする品揃え豊富な家具・インテリア通販

▼私のお気に入り時計紹介

 

新しい家具を安く購入する方法

わが家は引っ越しのタイミングですべての家具を買い替えました。

家具をお得に購入できる方法を書いた記事がこちらです。

 

おわりに~インスタグラムやRoomClipからアイデアを貰おう~

 最近はネットで検索すればいくらでも素敵なお家が出てきます。

特にインスタグラムやRoomClipは参考になるものばかりです。「ローコスト住宅」で検索をかけるとたくさん出てくるかもしれません。

また最近DIYが流行っていますが、必ずしもDIYが安くなるとは限りませんので、作りたいものがある場合は一度担当さんに聞いてみましょう!

 ▼その他お家の関連記事です

www.noziantenna.com