ノジ子のこどもアンテナ

子どものこと家のこと好きなこと

MENU

ルンバ基地の幅が狭くてもルンバは帰還するのか?収納スペースの横幅を変えて検証してみた【ルンバ960レビュー】

 

f:id:yuyuyunozi:20180709210819p:plain

こんにちは!ノジ子(@tayukei_nin)です。

ルンバ960を購入してから約三か月が経ちました。

私はルンバ960購入前に「ルンバ基地(収納スペース)の幅が狭くてもルンバは自動で帰還するのか?」という不安を抱いていました。

何故なら、我が家はルンバの収納スペースはすでに決まっていたので、どうしてもその狭いスペースにルンバを設置しなければなりませんでした。

 

今回は、わが家のように限られた狭いスペースにどうしてもルンバのホームベースを設置したい!という人向けに、

ルンバ960が基地の幅が狭くてもルンバは帰還するのか、実際に収納スペースの横幅を変えて検証してみました。

ルンバ900シリーズ購入検討中の方の参考になればうれしいです♪

 

▼ルンバ960は2018年買ってよかったランキングにランクイン♪

irobot公式サイトが推奨するルンバのホームベース(基地)設置場所はどこ?

ホームベースは障害物の ない広いエリアに置きます。以下のように、ホームベースを周囲から離して設置することをお勧めします。

  • ホームベース両脇に 0.75 メートル以上。
  • ホームベース前方 に 2 メートル以上。この範囲内にはテーブルや椅子などの家具を置かないでください。
  • ホームベースと階段などの段差との間が 2 メートル以上。
  • バーチャルウォールから 3 メートル以上。

irobot公式サイトより

f:id:yuyuyunozi:20180312213319j:image

 

上の絵のようにホームベースが設置できるお家って、かなり広いか物が少なく片付いてる家くらいじゃないかと思います

ルンバ購入前にこの設置図を見て「うちにはルンバ不向きじゃん!」とうなだれました。

しかし実際使っている友達の話を聞くと、「障害物が置いてあってもちゃんと基地まで戻るよ」と教えてもらい我が家も購入することを決めました。

 

 

わが家のルンバ収納スペースはリビングの最奥

ルンバを購入した一番最初の記事(クリックで過去記事)でも書きましたが、ルンバを設置しているのはカウンターキッチンの最奥。

こんなに狭いスペースです。

f:id:yuyuyunozi:20180312211343j:image

 

間取り的にはこんな感じの位置にいます↓

絵的にめっちゃ部屋狭そうですが、私の絵が下手なだけです。

f:id:yuyuyunozi:20180503185414j:image

 

可愛そうなくらい 激せまのルンバ設置収納スペース

ルンバ960の幅が横34㎝に対して

わが家の収納スペースの幅は40㎝!(笑)

irobotの説明にはないので、収納スペースの上の高さはルンバ以上の高さがあれば問題なさそうです。

f:id:yuyuyunozi:20180430133341j:image

f:id:yuyuyunozi:20180430133347j:image

ルンバ960と壁との隙間はなんと約3センチ。かなりギリギリです。

 

(基地幅40cm)ルンバ960が狭いホームベースに自動で戻るか検証してみた

  1. ルンバ960をキッチンから3~4メートル離れた場所に置く
  2. 自動で基地まで帰る「ホームボタン」を押す

ではさっそくやってみます!!

 

f:id:yuyuyunozi:20180503193424j:image

f:id:yuyuyunozi:20180503193436j:image

f:id:yuyuyunozi:20180503193448j:image

これはスーーーっと問題なくドッグに帰れましたね!やった!

 

(基地幅36cm)ルンバ960がもっと狭いホームベースに自動で戻るか検証してみた その2

せっかくなので右に置いてあるゴミ箱を寄せて、

さらにルンバの基地を狭くして実験してみることにします。

ルンバの幅34㎝に対して基地幅40cm➡36cm! 

f:id:yuyuyunozi:20180430133420j:image

左右の隙間は1センチ、ある?!スレッスレです。

これはさすがに入れないでしょ、エラーで止まるでしょ。

 ではホームボタンをポチ。

f:id:yuyuyunozi:20180503193514j:image

f:id:yuyuyunozi:20180503193530j:image

f:id:yuyuyunozi:20180503193547j:image

お、ちゃんと戻れそう!

f:id:yuyuyunozi:20180503193557j:image

あれれ後退・・・

f:id:yuyuyunozi:20180503193611j:image

また前進

f:id:yuyuyunozi:20180503193619j:image

戻った!

 

 

2度ほど前進と後退を繰り返しましたが、無事に基地に帰りました!

 最後は先ほどのように、スススーーッと基地にすいこまれていきましたよ。

やはりここまで基地幅を狭くしてしまうとカメラ付きで賢いルンバと言えど困惑したようで、

先ほどよりかは若干ですが基地まで帰るのに時間がかかりました。

 

まとめ ルンバ960は有能だった!重要な設置の仕方はコレ

ルンバ960はホームベース幅がギリギリでも帰還することができました!

そしてルンバがすんなりホームベースに帰るために必要なことは、収納スペースの幅の広さよりも、ホームベースがルンバに対してまっすぐ垂直に設置されているかということになるようです。

ホームベースが若干斜めを向いていたとき、ルンバはうまく帰宅できずその辺で止まっていました。

f:id:yuyuyunozi:20180503193349j:imagef:id:yuyuyunozi:20180503193351j:image

狭いスペースに設置を予定している方は、ホームベースがまっすぐ前を向いているかどうかの確認をわすれずに!

また今回の検証は、カメラ機能(iAdapt2.0ビジュアルローカリゼーション)の搭載されたルンバ900シリーズで行ったため、800シリーズ700シリーズ600シリーズで同じような動きができるかどうかは不明です。

 

今回ルンバはわが家の狭いスペースでも帰還することが出来ましたが、

あくまでも公式で推奨されている設置場所は下の絵のような広い場所になります。

f:id:yuyuyunozi:20180312213319j:image

 

 

▼ルンバ960レビュー記事 他にもたくさん書いてます♪

▼ハウスクリーニングでお風呂を綺麗にしてもらいました!